日本製(国産)と韓国製はどこが違うのでしょうか…?

日本製の特徴は、日本人の肌に合わせて作られている…!

ベースメイクでは下地やファンデーション、コンシーラなどが役立ってくれますが、BBクリームは今や日本でも定番の化粧品となり、多くの種類が登場しています。

BBクリームはテレビや雑誌などで紹介され人気が高まりました。

ベースメイクをワンステップで行なえること、スキンケア効果も得られるなどとても便利なコスメです。

保湿効果があり、肌の潤いも守りやすくなりますし、下地も必要なく、UVカット効果もあります。

カバー力もあるのでコンシーラがなくても肌の欠点をカバーしやすいなど優れた化粧品です。

韓国製BBクリームの特徴…

BBクリームは登場した当初は韓国製のものが中心でした。

韓国製の商品の特徴としては、カバー力が高いこと、保湿効果が高いこと、さらに色合いはややグレーがかっていることがあげられます。

肌に乗せると自然な色になりますが、人によっては顔色が悪く見えてしまう場合もあります。

日本製(国産)BBクリームの特徴…

最近はBBクリームも日本製のものが多く登場しており、さらに選択肢が広がりました。

日本製の特徴としては、やはり日本人の肌に合わせて作られているということがあげられます。

韓国製のものは、もともと日本人ではなく、韓国人女性の肌に合わせて作られていますので、日本人の肌質に合わないものもありました。

保湿力は高いもののべたつきがあったり、肌色が合わない、使われている成分で合わないものがある可能性もあります。

その点、日本製のものは最初から日本人女性が使うことを想定して作られていますので、より日本女性が使いやすい商品となっています。

カラーは韓国製のものが白っぽいもの、グレーがかったものが多いのに対し、日本製はよりナチュラルなベージュや黄味がかったカラーになっているものが多くなっています。

韓国製のものでは色のなじみが悪いという人、も国産の場合はより肌色に合うものを選びやすくなっています。

メーカーによってカラーやカバー力、美肌効果などには違いがありますので、じっくりおすすめして本当に肌に合うものを見つけていきましょう。

ランキング

このページの先頭へ

レバレッジ金融商品